まつ毛エクステの資格取得したいなら


まつ毛のエクステを自分で出来る様になるには
TOP > アイリストとしての資格の必要性

▼アイリストとしての資格の必要性

美容師の資格を持っていれば、お客さんにまつ毛エクステを施しても良いと法律では決まっています。

しかし、美容師の資格だけでまつ毛エクステを担当させるお店はどこにも無いでしょう。

例え法律に反していなくても美容師の資格を取るまでの過程で、まつ毛エクステに関して勉強することはないのですから知識が全くないのと同じことです。

もし自分がお客さんだったら絶対に担当してほしくないですよね。

アイリストとしてお客さんと接する為には、美容師の資格の他に日本アイリスト協会(JEA)の資格を持っていたほうが良いでしょう。

日本アイリスト協会の資格は、まつ毛エクステに関する専門的な知識を身に付けたという証明にもなります。

もちろん就職・転職の際にも優遇されることだと思います。

既に美容師として働いているという人でもアイリストの資格を取得することは可能です。

美容師としての知識がある分、一般の人よりも短期間でしかも授業料も安く済むことになります。

前文にも書いたとおり、美容師の資格のみでもまつ毛エクステを施すことは可能です。

もしアイリストとしての資格を取らないとなると最低でも数カ月、長くて1年くらいは見習い期間として知識・技術を身につけていく必要があります。

まつ毛エクステの場合、正しい知識や優れた技術が無いと大きなトラブル(角膜炎、まぶたが腫れる、視力低下など)に繋がりやすいのです。

トラブルを避けるためにも資格は取っていたほうが良いかと思います。

▼まつ毛エクステの資格について

まつ毛エクステには資格が必要!?
美容師もまつ毛エクステの資格は必要
アイリストとして必要なもの
働くには資格は必要?
学校で資格取得を目指す
転職に強いアイリスト
アイリストとしての資格の必要性

▼まつ毛エクステの色々

まつ毛エクステを長持ちさせる方法
挙式に合わせてまつ毛エクステを

まつ毛エクステの資格取得したいならへ

アイリストとしての資格の必要性↑

Copy right ©
まつ毛エクステの資格取得したいなら[マツエクのスクール・通信講座一覧]
All Rights Reserved.